QP-Days 2007年04月
管理人が観たミュージカル、ストレートプレイなどの観劇記です・・・最近は福本漫画成分増量中。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ウィーン版「エリザベート」来日公演団体観劇/追加募集
■07年4/6追記。
※内容の都合上、未来日記状態になっております。

4/29の団体観劇追加募集分は決定しました。
お問い合せ下さった皆様ありがとうございました。

公演内容の詳細は↓で。
★梅田芸術劇場★
★シアターフォーラム★


※4/6
 チケット郵送希望の方に4/5付けで送付致しました。
 週明けまでに到着しない場合は御連絡ください。
 手渡し予定の皆様には受け渡しスケジュールの連絡をお送りしました。
スポンサーサイト
page top
「コンフィダント-絆」/今週のおいら
先週末から今週はいろいろなことがあって、「充実」というより「濃い」1週間でした。トンカツソースの濃い口どろこか泥ソース並の濃さでした。

23日にはパルコ劇場で三谷幸喜の新作「コンフィダント-絆」を観てきました。

★「コンフィダント-絆」公式サイト http://www.parco-play.com/web/play/les/


◆キャスト&スタッフ◆
脚本・演出:三谷幸喜

スーラ: 中井貴一
ゴーギャン:寺脇康文
シュフネッケル:相島一之
ルイーズ:堀内敬子
ゴッホ:生瀬勝久

音楽・演奏=荻野清子
美術=堀尾幸男 照明=服部 基  衣裳=黒須はな子

開演前の客席がやたらと豪華で変に落ち着かない雰囲気だったものの、舞台が始まってすぐその世界に引き込まれました。
(関係者の人が多い日だったらしく、市村夫妻や渡辺徹夫妻や他にも役者さんやタレントさんがいっぱい来ていた日だったのです。)

三谷さん・・・また凄い脚本書いたなぁ。
ゴッホ、ゴーギャン、スラーにシュフネッケル、とフランスを代表する画家達が若き日に共同でアトリエを借りていたら・・・?という着想で、彼等の青春の日々の1ヶ月を切り出した作品。4人の共同モデルとして雇われたルイーズにによって語られるちょっと変わった画家達の友情と創作活動の日々。

才能があるがゆえの苦悩と才能がないがゆえの平穏。

光と影の境を行ったり来たりする青年達の物語をいつものような笑いで動かし、そこに小さい波紋を積み重ねて一気に決壊させる構成が見事でした。
そして、最後にはすべてを包み込む優しい視線がちゃんと舞台の上にも客席にもあるんだなぁ、これが。

私が一番好きだったのは「ゴッホがルイーズの肖像画の背景に何故、青を選んだか?」のシーン。
部屋のどこにもない「青」をルイーズの中から見い出し、キャンバスに描ききったゴッホとその色を感じられなかったスーラ。
ジーッと見てれば見えてくんだよ!とキラキラ&ギラギラした瞳で話すゴッホ。
自分には感じられなかったのにゴッホの絵を見て「それこそが正解だった」と理解してしまったスーラ。

スーラの見ている世界とゴッホの見ている世界の決定的な違いが見事に凝縮されていました。ルイーズ役の堀内敬子さんもカフェの女給っぽい姿からゴッホの語る彼女の真の姿「夜明け前の青い空にただ一つ輝く明けの明星!」に姿勢一つで変化してしまう姿があっぱれ!!!
ゴッホの生瀬さんとスーラの中井さんのやりとりもスンゲー良かった 
8(>m<)8

ゴーギャン寺脇さんも凡人シュフネッケルの相島さんもそれぞれ役にピッタリって感じでとてもバランスのとれた舞台でした。
劇中でルーイズが4人の名前を歌詞にして歌う曲が何度かあるのですが、最後にその歌詞にもヒミツがあった、というのも上手いっ!つーか泣けたよ・・・。

この日は三谷さんも生演奏のピアノさんの隣でアコーディオンを1曲弾いて帰っていきました(笑)

++++++++++++++++++++++++++++++++++

自分が自分で思っていた以上に「眼鏡好き」だった事を思い知る。
うーん・・・なんだコレは???
うーん。うーん。

今週は楽しかったり、疲れたり、と盛り沢山でしたが更に!明日から大阪梅田芸術劇場で「エリザベート」を観てきます。ようやく待ちに待ったこの日が来ました。
3日間、毎日観劇!!!!
ウキャー、この世の天国ッスよっ!!!
page top
ミュージカル『ウェディング・シンガー』@日生劇場
★ミュージカル『ウェディング・シンガー』★

東宝サイトで発表がありました。
来年の2/6〜2/28でミュージカル『ウェディング・シンガー』の日本版が上演されます。
主役のロビーに井上芳雄くん、ヒロインのジュリアに上原多香子さん。
演出は山田和也氏。
他のキャストはまだ詳細でてません。

物語は・・・自分の結婚式を花嫁にドタキャンされた結婚パーティ専門歌手(ウェディング・シンガー)のロビーと、エリート会社員との結婚を控えたウェイトレス・ジュリア。仕事仲間で友人だったはずの2人の間にいつかしか違う感情が-というラブコメストーリー、です。

・・・上の超カンタンあらすじを読んであなたが頭に思い浮かべたままのベタのお話が展開される訳ですが、笑って最後にちょっとジーンと来る系。

元は↓の映画です。ドリュー・バリモアがジュリア役でカワええーのです。
ウェディング・シンガー ウェディング・シンガー
ドリュー・バリモア (2000/06/21)
東宝

この商品の詳細を見る
page top
ごめーんー (>m<。
下のブログでお知らせしたNHKドイツ語会話の『エリザベート特集』放送日、間違ってました!
「実質20日深夜」、つまり今日の深夜帯の放送を紹介していましたが、実際の放送は昨晩でした。私も全く気付いてなくて、昨日の深夜に帰宅してMXTVの『大江戸ロケット』を見た後でチャンネル変えたら放送してました・・・すんません。
うちの情報を信じて番組見のがしてしまった方がいたらごめんなさい (>m<。

『エリザベート特集』は番組の一番最後のコーナーでした。
現在の梅田公演版の舞台映像付で内容をダイジェスト紹介。加えてMayaさんのインタビューで作品やエリザベートについてのお話が聞けます。5分程度の短い時間でしたが良い紹介でした(・∀・) 
再放送は23日早朝です。

最後に梅田公演と新宿公演の宣伝もして、同じクンツェ&リーヴァイ作品の帝劇&MAドイツ公演決定!の話題もいれてくれたし(笑)と関係者の皆さんの仕込みもグーでございました。

今年のドイツ語会話の生徒役は博多華丸・大吉なんですねー。
エリザ特集が始まるまで一緒にあいさつの練習。今日は「Bitte」の使い方と曜日の言い方でした。2人の生徒ぶりを見てたら自分も真面目にドイツ語やろうかとちょっと思っちゃった。

-----------------------------

MA4/17


4/17の読売新聞のMA広告です。
今までのゴチャっとしたデザインではなく、角版写真を並べた慌てて作った見やすさ重視な感じです。
トークショー開催のお知らせと新キャストの綜馬さんと今さんのコメント付。

★東宝公式ブログ★ でいつものようにpdfデータが落とせるようになってます。

ブログの方で最近『首飾り事件』のシーンの解説というかガイドをいろいろしてくれています。再演用小道具で実際の資料を元にした首飾りを作ったんですねー。
この前観劇した時に宝石商のベメールさんがチラ見せしてたけど、もっとチャチなやつかと思ってましたよ。
前の箱の中から溢れる光だけの表現も私は好きだったんですけどね。

ミュージカル版「マリー・アントワネット」では2人のMAの風貌は「似てない」って事になってるんだって。確かに再演版では冒頭でボーマルシェがマルグリットの顔を見てジーっと見つめる…みたいなところもなくなっていたので、そっちの設定はバッサリ切ったのね。
ああ、でもそうするとくづきの頭の中の妄想ネタが1つ減ってしまう・・・夏の本でネタに使おうと思ってたのに困ったなぁ。(笑)

それとカリオストロに関しては、東宝の人は『錬金術師』と『魔法使い』の区別がやっぱりついてないみたい・・・判りやすくする為にドイツ語歌詞の単語変換って、誰に対して判りやすくしてるつもりなんだろう。
『材料・物質』を『悪徳』と言い換えるような事の積み重ねがあっちこっちで起きてたら、だんだん各キャラクターのイメージがズレてきちゃうんじゃ?と思ったり。
(´・ω・`)ショボーン 

-----------------------------

メールをいただいている皆さまへのお返事は週末にまとめて行います。
Sモトさーん、待ち合わせの件は携帯に方に連絡いれますんで。

今週もまだまだ仕事です。
page top
「エリザベート」ファンは今週のNHKのドイツ語講座を見ようー
NHK教育TVの語学講座の「ドイツ語会話」。
4/19放送分では現地文化の紹介コーナーでミュージカル「エリザベート」が特集されます。
本家ウィーンや来日公演中の様子などが流れるようなので要チェックです。

放送日時は 4/19(水)午前0時?0時25分(水曜の深夜なので実質4/20)

再放送は  4/23(月)午前6時?6時25分
page top
時はめぐる/ブートキャンプでビクトリー!!!
今週もよく働きました。
4月からまた社内の体制が変わって、フロアの大移動があったりチーム編成が変わったりといろいろあって、そのバタバタがようやく落ち着いたところで仕事のサイクルが通常モードに戻ってきました。

今のお仕事は来年の某キャラカレンダー用のイラスト描きや海外向けの企画ものが主なんですが、それとは別に一緒のチームの子の手伝いでなかなか感慨深い仕事をしました。

私が子供の頃に遊んだ玩具のリメイク品企画。
CMで見て (*゚д゚)ホスィ・・・ と誕生日に買ってもらってからは一生懸命遊んだものを今度は新しい形で世に出す仕事をしている、というのはなんだか不思議な気分です。
当時の自分の気持ちとか、子供心に「もっとこうだったらいいのになぁー」と思った事などを反映させつつ担当の子と話をしています。
あの頃の自分に「ソレ、後でまた巡り会うんだからよく遊んどけー」って言っておきたいよ。

-----------------------

ショップジャパンや楽天ショップで売れまくっている「ビリー’s ブートキャンプ」。
私も先週から入隊してDVDシリーズ4枚最後までやり抜きましたよ。
CM程には一気に身体の変化は出ませんが毎日1時間程度の汗かきエクササイズはいいもんです。体重と体脂肪率はちょっと下がりました。まあ、これはあれだけ身体を動かせば当然の数値位。

「お前達がやっているのは何だ!?」
「エクササイズですっ」
「違う! ブートキャンプだっ!!!! 声を出せーっ!!! ヽ(`Д´)ノ」

普通のエクササイズ物との一番の違いはビリー教官のキャラが立ちまくっている事。「フルメタル・ジャケット」のハートマン軍曹程ではないけれど米軍風味のノリでのこんなやりとりが可笑しいのもイイ感じです。

腹筋系8回×3セットとかで「キツイー!!!もうあかん!!!」と思い、諦めかけたところに絶好のタイミングでビリー教官が「ちゃんとやってるか!? 君ならできるぞ!」とTVの中からエールを送ってくれるのが心憎いっ!!!

『ビリー教官・・・ついていきます、がんばります 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 』って気持ちになっちゃう。一緒にスタジオでやってる人たちもNHKのラジオ体操のような全員揃ったレベルでの動きではなく、アシスタント役のシェリーちゃんのようなキュートマッスルな子もいれば、ヒーヒー言いながらポコンとしたお腹を揺らしてるような子もいて、「あ、自分と一緒くらいだー」って思えるのもまた上手い演出です。
夏までちゃんと続ければ結構体型に影響が出てきそうな予感。
がんばるわー。

で、普段は使わない身体を急に使って、昼間は座りっぱなし生活なので・・・週半ばは筋肉痛で大変な事になりました。階段の昇り降りでゆっくりしか動けなーい。
どんだけ足の筋力が落ちてるんだ!と自己嫌悪。

1週間に2回もマッサージ屋さんにいきました。トホホ。

↓こんな感じの内容です。これは「Tae-Bo」っていうプログラムでこれより基本的な動きで初心者向けが「ブートキャンプ」。


★ビリー・ブランクス公式サイト★
page top
凱旋版「マリー・アントワネット」
4/7のソワレ「マリー・アントワネット」凱旋公演観劇。

今回の席は1階のU列センター。
舞台全体を見るのはベストなあたり。今回のMAで問題になっている2重盆の舞台装置も一応床面まで見えます。(アレは凱旋でも前方席では見づらいと思います)

今回のパンフは表紙が金色です。去年の帝劇の白、から博多と大阪では赤と青の表紙でトリコロールカラーが揃って、今回は黄金色ってことですね。

MA1

中は舞台写真がいっぱいでした。前のと同じ写真もあり、追加もあり。地方公演分でも差し替わっていたというアンサンブルキャストさんの扮装姿写真でのプロフィールページとか、クンツェ×栗山対談とか。(中身はこれから読みます)

そして今回の限定グッズ。

MA2


白い方は公演脚本です・・・売ってました。
ロビー中央の売店ではなく、入り口すぐの小さいプログラム売り場でヒッソリと扱ってました。『部数限定』と小さい貼り紙がしてありましたが、公演宣伝ポスター同様に余り物を売って多少でも資金回収しましょうーグッズなのかな(^^;
しかし、これはオタ的には嬉しいアイテムなので即購入。1500円也。
中は今回の凱旋Ver.の内容そのままです。(何ケ所か舞台と台詞が違うようなところもあったのは最終段階で変更されたのかな?)
台詞と最低限のト書きと音楽のきっかけが記されています。これにスコアがセットでミュージカルは上演されるんですね。

凱旋公演。

今回大きく変わったのはカリオストロの新曲が2幕終盤のマリーの手紙を巡るやりとりの後の追加になったところ。
さすがに広告で「新曲追加!」と謳っただけのことはあり、なかなか大曲でした。新曲は「ILLUSION-或いは希望」というタイトルで、カリオストロが歴史の流転と人々の思いを歌う内容。1幕の「黄金」の対になる感じです。
山口さんがもう少し歌い込むドワーッと盛り上がる雰囲気になるかなぁ。

タンプル塔の牢で眠る子供達の頭を優しくなでるマリーの情景にかぶせてカリオストロが歌い、ステージ中央奥のライトパネルの向こう側に1幕で登場した貧民の少年と彼に紐でひかれる病の母のヴィジョンが赤い照明の中シルエットとして浮かび上がります。
「まとめ」の方でも書いたネタですが、この少年は1幕でインパクトがある存在で意味ありげに配置されたまま放置のキャラだったのでここで物語的に復活はちょっと嬉しい。
マルグリットは自分の力で行動を起こせたけれど、さらに小さき者、声なき者の願いや叫びの代弁者としてカリオストロが世界を動かす手助けをしていた、っていうのは一応原作設定にちょっと戻ってる感じですね。旧Ver.で「カリオストロの目的がわかんねー」という声が多かったのでその辺りを説明っていうか、ネタばらしっていうか?(脚本の方ではそういうト書きはないので、演出的に今回意味付けされたシーンと思われます。)

細かいシーンは結構手が入ってますね。
博多、大阪の各公演で変更になったところと今回の凱旋用に変わったところの区別が私にはつきませんが、全体の印象が随分違ってみえるようになってました。

去年のなんだか上目線から声高に時代を糾弾する!的な雰囲気はかなりマイルドになり、個々の人間模様をもう少し掘り下げて現在と変わらない等身大の人々として描かれるようになった気がします。

結末までの持っていきかたもアッチコッチに向かったあげく中途半端に拡散させてしまったような雰囲気から、とにもかくにも「王室の打倒、マリーの処刑」は「彼等」にとっては勝利の日であった、と物語に一応のピリオドを打ってくれた感が良かったですよ。
観賞後の気分が少し楽になる。
細かい部分の変更の積み重ねで、結果的に物語のベクトルが逆回転したような気がしました。以前は「負」の積み重ねの結果から本当に価値のあるものは生まれるか?的な問い掛けがテーマだったものが、今回は「正」の積み重ねのバランスで生まれる犠牲は是が非か・・・みたいな方向性?
で、表向きは以前より柔らかくなったけど実体としては余計たちの悪い話になったかなーと。(←これは褒め言葉です)

今回は登場人物皆が「白」なのです。

旧Ver.では自己中心的で嫌な王妃様も、遊び半分の悪らつな従兄弟殿も、熱にうかされていた民衆達の姿も、皆さん「正しい」姿に矯正されてます。
観ていてそれぞれの言い分や環境に感情移入とまではいかなくても、理解しやすい状況になってます。

己の信じる事、それぞれの幸せの為の真っ当な世界を願った果ての「革命」を見守り1人佇む錬金術師の姿と彼の視た世界の空恐ろしさを感じました。

旧Ver.で観客側が拒絶反応を出した判りやすい負の世界ではなく、心地よい毒の仕込まれた世界に微妙に作り替えてあるなぁ、と思いました。ただ、その皮肉がまたしても上手く客席に届いてないんじゃないかなー???
私の好みで言えば、去年からこっちの方向で始めて、表面の美しさとその裏の毒を磨いて欲しかったかなぁ・・・。
演出の栗山さんが去年の稽古期間に「この作品には心地よく歌いあげる音楽はありません!」と宣言したと言いますが、むしろ心地よさで酔わせて叩き切る!位の方が良かったんじゃないかのぅ。

栗山さんはドイツではどちらよりのVer.を上演するつもりなんでしょうね。

個々のキャストさんについてはまた後程書きますが、まずはこの2人。

フェルセンは井上君から今さんに変わったのは大正解だったと思います。
井上フェルセンの王子様度よりも今フェルセンの大人度の方がMAには大事な要素でしたね。彼が大きく変わったおかげでマリーの見え方もガラっと変化しましたよ。
マリーを包み支えるだけの器があります、今フェルセン。
ルイに足りないものを持っているからマリーが惹かれるというのが良くわかる。(井上フェルセン版は変わらない若さとマリーの青春の象徴みたいに感じました。結果的にそれは彼女の足をひっぱってしまうのかな、って。)

綜馬さんのオルレアン公は・・・エキセントリック?変人?電波さん???
高嶋オルレアンが小物感タップリなピエロキャラだったのに対して、綜馬オルレアンは実行力もあり裏で陰謀をはり巡らす策略家度が高いです。甲高い声でオネエが入っていて麿系お貴族風。
「♪私こそがふさわしい」では今以上にシャウトを響かせて欲しいー。
キャー!!!オルレアン様ーって状態にしてくれないかなぁ。
今回追加になったマルグリットとの出会いの1シーンだけで、後々の2人の歪んだ関係を匂わせるエロさがグー!Σ(´д`*)
page top
4/7のおいら/大沢版「ファントム」情報
先週土曜日の話。
MA凱旋にいってきました。

朝一でお友達からのメールが着信。
「今日は帝劇抽選会来てますか?」
行ってません。
6月分の「レ・ミゼラブル」抽選会の日だったけど、6月は希望日が全部取れているので今日はパスです。

新宿駅から御苑側の厚生年金会館までフラフラ散歩。
途中で花園神社でお参りしつつ桜鑑賞。しだれ桜が満開になってました。
花園神社桜



厚生年金会館では「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のツアーファイナル公演。でも、私が来たのは観劇の為ではなく、お友達と待ち合わせてのチケット交換の為。6/11の「レ・ミゼラブル 20周年SP公演」のチケットを譲ってもらえたのです。キャー!!!嬉しいー。
代わりに5月の新宿コマの「エリザベート」公演のチケットを渡す。
山本耕史くんのヘドウィグはなかなか良かったようで、観劇直後のお友達はかなり興奮ぎみでした。いいなー。

そのまま帝劇へ。
先週の電話予約分の6月レミのチケット引き換え。

窓口では特製のコゼットちゃんチケット袋にいれてくれました。
これはなかなか可愛くていいサービスだなぁ。
07040702.jpg



そして「マリー・アントワネット」凱旋公演観劇。

-------------------------------------
先日の大沢たかお版の「ファントム」は大沢さんの公式サイトと
スポーツ報知の報道を確認。

★ Takao Osawa Official Web ★

4/6付 スポーチ報知 記事より。
大沢たかお、怪人になる ミュージカル初挑戦/
「映画俳優の大沢たかお(39)が来年1月、ミュージカルに初挑戦することが5日、分かった。名作古典「オペラ座の怪人」を原作にした「ファントム」(来年1月中旬、大阪・梅田芸術劇場から開幕)で、椎名桔平主演「レインマン」、山本耕史主演「ヘドウィグ&アングリー・インチ」の人気演出家・鈴木勝秀さんとのコンビで怪人役に挑む。大沢は「しっかり準備をしてベストな状態で舞台に臨みたい」と意欲を見せている。 

舞台は3度の経験がある大沢だが、「舞台は4年ぶり。ミュージカルという新境地への挑戦です」。劇中では8曲歌うことになっており、「自分自身にとって非常に高いハードルになりますが、直接観客の方と接する貴重な機会です。しっかり準備をしてベストな状態で舞台に臨みたいと思います」と話している。

-中略-

 大沢=怪人は意外な組み合わせ。ファントムといえば、醜さを隠す仮面が欠かせないアイテムだが、演出は未定。鈴木さんは「ファントムは悲しいほど愛を追い求める、子供のように純粋な心を持つ男。誰の心にもある、愛を求める心を、デフォルメして表現したいと思っております」。大沢は気鋭の鈴木氏と怪人像を覆す作品を見せてくれそうだ。公演は大阪、愛知、東京(青山劇場)と続く。」


大阪スタートで2月の青山劇場が最終のようです。
私は青山には行けるかな?

共演者についてはこの記事には出ていませんが、某所では現在来日公演中のウィーンミュージカルの王子様がフィリップ役(ロイド=ウェバー版のラウル的ポジション・・・一応)で出演って話が出てますがマジですかい?
日本語どーすんのよ?
フィリップって出番少ないからなんとかなりそうなのかなぁ・・・

って、思っていたら梅田芸術劇場のサイトで正式アナウンスが出ました。

★4/9付 速報ニュース★

エリックが大沢さん、フィリップがルカスでいいんだよね?
まさか支配人って事は・・・キャリエールさんがこの舞台の要だけどいい俳優さんをキャスティングして欲しいな。
あとの共演者はだれー???つーかヒロインはほったらかしかいっ(笑)
ファントムとクリスティーヌの恋模様に比重をおいたウェバー版とは違い、「人間エリック」の数奇な人生に焦点をおいているのでヒロインは後回しでいいのかしら。

このコピット版「ファントム」の原型作は随分昔にNHKで海外ドラマとして放送されたこともあるのですが、現在日本国内ではビデオはもちろん廃盤。この機会にDVDが出てくれないかなぁ。
ドラマ版終盤のファントムの最初で最後の晴れ舞台の見事さは泣けます。
そして、たぶん世界で一番幸福に描かれた「オペラ座に住む怪人」がこのコピット版の「エリック」だと思いますデス。

page top
魔女と少女とお館様。
今日は劇団四季の新ミュージカル『Wicked-ウィキッド』の四季の会会員分のチケット発売日でした。
私は会員ではないので、お友達でチケット戦に加わる予定の子に「ついでに取れたら頼む!」とお願いし、吉報を待っておりました。
・・・取ってもらえました!開幕すぐの6月末と9月分っ!!!
わーい、Oさん、Sさんありがとー!!!
あとは楽しみに当日を待ちたいと思います(^^)v 

『Wicked』TVCMでは毎日初日までのカウントダウンをしているけど、あのCMだけではどんな物語かってよくわからないよね・・・職場の人にも「CM見たけど映画のとどう違うのー?面白いの???」って聞かれました。
「もう一つのオズの物語」っていってもジュディ・ガーランドの映画版のサイドストーリー位のイメージで『Wicked』を観に行くと結構ビックリしちゃうと思う。
もう少ししたら特番みたいなのやって、初日に向けて盛り上げるのかな?

---------------------------------------

今週は統一地方選挙の為に「風林火山」の地上波放送時間がBSフジの「レ・ミゼラブル」と重なってしまい仕方ないので「風林」に録画は土曜の再放送分にして、「レ・ミゼラブル」を録画。

なので、まだ「レミ」今週分は見てません。以下は先週の13話の話。

先週の13話『ジャン・ヴァルジャンとコゼット』はとても良かった。

コゼットを迎えに来たヴァルジャンがテナルディエから見事にコゼットの身柄を引き取る展開にホホーっと感心。
原作でもミュージカル版でもヴァルジャンは1500フランという大金をテナルディエに支払ってコゼットを引き取る訳ですが、アニメ版ではテナルディエは己の欲深さから1フランも手に入れられませんでした。

身なりに合わない大金を持っているヴァルジャンを見て、テナルディエは駆け引きを持ちかけます。
「コゼットには今まで大金がかかっている、ざっと1500フラン」。
ヴァルジャンはそれをすぐに支払おうとしますが、ここでテナルディエはヴァルジャンの財布の厚みに、「しまったー!!!もっとふっかければよかった」と。

一方コゼットは突然現れ自分に親切にしてくれるおじさんと一緒に行くよりも、ファンティーヌの迎えをここで待つ、と返事をします。

ヴァルジャンの金に目が眩んだテナルディエはさらなる取り引きを思い付き、ヴァルジャンに向かって言いました。
「大事な預かり物の娘を金に目が眩んで、よく判らない男に渡してしまうところだった!正式な委任状を持った人物の迎えならただで渡すが、そうではない奴には簡単には渡せないぞ!」

訳あり風の男ならもっと大金と引き換えに出来る!とテナルディエを一芝居打つのですが・・・

「委任状があれば良いのですね?」

分厚い財布の中から取り出したのはファンティーヌが病の床で残した委任状!!!
その字は間違いなくファンティーヌのもの。テナルディエたちが燃やしてしまっていたファンティーヌからの手紙を、コゼットもかまどの中からコッソリ拾っていたのでママの筆跡に間違いない!と証言します。

・・・かくして、コゼットはヴァルジャンが持って来た上等の服に着替え、大きなお人形を抱き締めながらテナルディエ一家の元からようやく出て行くことが出来ました。
欲をかいたあまり全てを失ったテナルディエは「あの男の顔は一生忘れるものか!」と深い恨みを抱き、エポニーヌもまた自分より幸せそうな顔で去って行くコゼットを生涯赦さない、と心に誓い、後のパリ編への強い伏線となったのです。
ガブローシュ&犬のシュシュとの悲しい別れもあり、ガブローシュの今後の運命を知っている身としては「ああ、せっかく一緒に行こうって誘ってくれたんだから行けよガブ!」とTVの前でジタバタ。

-------------------------------

風林火山は今週は皆でお館様ラブな息抜き回でした(笑)
晴信は回を追うごとに魅力的なお館様になってますねー。
今週の温泉シーンで勘助との肩幅の違いに驚きました。亀治郎さん、女形なだけあって以外に骨格は華奢なんか。

勘助と教来石のコンビは意外にいいなぁー。
あ、由布姫って不思議電波ちゃん系ですか?
晴信って変わり者好きそうだから、見た目よりもあの中身に惚れて側に置くのかなぁ、と今週の彼女を見て感じました。
地味に美味しいポイントを押さえていく平蔵。彼の運命も大きく変化しようとしてますね。

いよいよ「風林火山」の旗も出来てイイ感じです。
しかし、後半の展開がコッソリ高坂お召し抱えのフォローに勘助の旗採用、みたいな展開に見えたのは自分の頭が腐ってる証拠ですね。

来週は「黒勘助」が活躍なのかな?
予告でニヤ?と悪魔な笑みを浮かべてる勘助ステキ。

ふー、うちの死んだ婆ちゃんにも今年の大河を見せてあげたかったなぁ。
うちの祖母は甲州の人でなにかにつけて「武田節」を歌う人だったのです。今年のお館様と愉快な仲間たちなら毎週楽しんで見てくれたと思う。

そういえば「お館様」と「お屋形様」ってどっちの表記が正しいのかな?風林の原作では後者だっけ?最近のゲームなんかでは前者の方が多い気が。
page top
MA 旧Ver.まとめの1
とりあえず1幕『♪心の声』あたりまで。

昨日の初日前に会見があったそうで、東宝公式で動画も出てます。
それとNHKの夜のニュースでドイツ公演決定の話が文化ニュースで取り上げられました。NHKのサイトのニュースページでそちらも見られます。
舞台の様子が少しと作品紹介と栗山さんの談話、そんなもの。

以下全体各シーンごとにツラツラと。シーンのタイトルはパンフより。
面白い!と思えた観劇の時は細かいところを書き留めておきたくなっちゃいますね。あと、「いらないよね」といわれがちなカリオストロ大先生がちゃんと大事なお仕事していると思われるところを勝手に妄想フォロー(笑)

★プロローグ/1779年
つづきを表示
page top
ときめけ!はばたけ!!!
仕事も忙しい毎日なんだけど、そこに追い討ちをかける・・・いや、自分で自分の首を締めてるものがコレ。

ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love 特典 「Amazon.co.jpオリジナルストーリー入り ドラマCD」&「メッセージカード」付き ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love 特典 「Amazon.co.jpオリジナルストーリー入り ドラマCD」&「メッセージカード」付き
Nintendo DS (2007/03/15)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る


任天堂DS版の『ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love』。
先月だったか深夜にCMを見た記憶がボンヤリあったのだけど、全然興味なかったんですよ。乙女ゲーってちょっと苦手で「ひたすらコマンド処理してパラメーターあげるだけでキャラ落として楽しいかぁ???」って思ってました。
昔恋愛ギャルゲー物は何本かやったけど、基本は同じ事の繰り返しで、キャラの反応パターンも限られてるので途中で飽きてくるんですよね。

今回この『ときめもGS』もPS2版が出た時もスルーしてました。
職場でコレの仕事が来ていて設定画とかを見た限りでは「あいかわらずビミョーなラインで作ってんなー」って思ってたし、激烈プレイしてる後輩の入れ込み具合にちょっと引いてたし。
毎晩明け方までプレイして目の下にクマ作ってこれたら、ねぇ。

でも、今回はその後輩が「私を壊したゲームですよ!!!DS持ってない私に替わってやってみて下さいよー」と妙な勧め方をするもんだから買ってしまいました。

すみません!!!ゴメンなさい!!!!

私の今までの認識は間違ってましたーーーーーーーーーぁぁぁぁぁ!!!


ただいま熱烈プレイ中です。

あう・・・ヤバいです。

今5周目です。買ってから1週間もたって無いのに。

どのキャラのシナリオも「青春のときめき」と「きらめき」ですよ。
胸がキュンキュンしちゃいますよ ・゚・(つД`)・゚・ 
もどかしさと切なさと恋しさがMIXされた感覚が甘酸っぱいったらありゃしない。

最初に落としたのは守村くん。次が氷室先生、とおもいきり眼鏡キャラに弱いです。無意識に選んでいて、後から「2人とも眼鏡キャラだった・・・orz」とある意味欲望丸出し状態。
氷室先生は声優の子安さんの演技も上手いのでボイスを聞くもの楽しいー。
先生相手にかなり入れ込んでプレイしてます。スチルも先生だけはかなり集まってるし。(笑)

今回のDS版は本命の子を落すだけではなく、「親友」になれるという攻略ルートもあってそちらを目指した場合のパラメーターバランスの取り方が面白いです。単に本命1本ではなく、もう1人同じくらい仲の良い子を作り、なおかつ二股状態ではない、というシステムが楽しい。
本命狙いではただの邪魔キャラ的でヴィジュアルとしても好みでなかったキャラも、親友モードで付合うちに意外と良い部分が見えて来る、とリアルにもありそうな展開がよく出来てんなー。

本命と上手く行かない時に相談に乗ってくれたり、なぐさめてくれたりと美味しいポジションの「親友」キャラ。そこまで持っていくのも結構難しいのですが、さらに本命の子を最後の最後で振って、親友とラブ状態になれるっていうのも乙女的「ときめき」のツボを上手い事押さえてます

この手のゲームは 

 ★プレイヤー→「お姫さま」 ★本命キャラ→「王子様」 

なのが基本の設定ですが、今回のシステムでは
 
 ★親友キャラ→「忠実な騎士」または「信頼出来る魔法使い」

と+αなシンデレラストーリー構造を作っていて、そこがキチンと積極的に機能している点が良いと思います。

さらにDS特有のタッチペン機能でキャラに触れる事ができるので、その場所やタイミング次第で相手の気持ちを変化させることが出来るのもいいなぁ。
「ときめき」状態の氷室先生の反応がおかしくてついつい何度も触っちゃうぞ。
最初の守村プレイの時は説明書を全く読まず(箱からも出さず)に最後までやってしまい、このタッチ機能に全く気付いてませんでした。テヘ。「スキンシップ」が足らない、と弟くんにアドバイスされても意味がわかってなかったのよね。
2周目でオヤ?これは・・・ Σ (゚Д゚;)触れんじゃないの!?と気付きましたさ。


しばらくは「はばたき学園」の生活にハマりそうです。
今は葉月王子通常ENDと氷室先生親友告白ENDを同時攻略中。

★『ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love』公式サイト★
page top
今日から再び
2ヶ月間の帝劇ミュージカルの幕があがる訳ですが・・・

公式の残席表が大変なことになってますな、これは。

大千秋楽はさすがに全席完売だけど、それ以外は○印ばかり・・・
ここまで「いつでも行けるわ」状態って凄いな。
うーん、今夜にでも凱旋初日組から「奇跡がおきたー」な報が
届かない限りこのまま残っちゃうんじゃないかなぁ。

個人的にはテコ入れに週末か深夜枠での特番やって欲しい(^^;
夏コミ本用に多少でも映像資料が欲しいのよ。TVCMもまたやらないかな。

例の「まとめ」は今夜半分くらいアップします。多分。

------------------------------------
寝起きの頭にTVの芸能ニュース。
宝塚でも上演された「オペラ座の怪人」のミュージカル版「ファントム」が
大沢たかおさん主演で上演される事になったそうです。
いつ、どこで、共演は誰?の情報をフジの軽部アナは教えてくれなかった・・・
後でニュースソース探してきます。
大沢さんはミュージカルは初挑戦だそうです。
page top
「アイ・ラブ・坊ちゃん」キャスト発表
音楽座/Rカンパニーの夏公演『アイ・ラブ・坊ちゃん』の公演キャストが発表になりました。

6/1(金)〜6/10(日)まで池袋の芸術劇場。
その後はツアーで全国各地で上演されます。

夏目漱石の「坊ちゃん」をベースにしたミュージカルですが、執筆中の漱石自身の日常生活と平行して進んで行く2重構成の物語。

何ごとにも神経質な漱石の頭の中から喧嘩早くてべらんめぇな「坊ちゃん」は何故生まれたのか?
漱石自身の思い描く理想の姿を坊っちゃんに、そしてその友となる山嵐に病死した親友・正岡子規の姿を重ね合わせ、二人の痛快な冒険を書き進めていく姿を描いた日本のオリジナルミュージカルの傑作の再演でございます。

音楽座のトップ画像は「坊ちゃん」役の吉田くんが今風の姿でカッコつけていますけど、実際の舞台ではちゃんと着物姿です・・・多分。

前回の速報チラシは松橋さんの漱石の背後にモノクロで音楽座のイケメンメンバー(笑)くんたちが上半身裸のモノクロで並んで映っており、しかもキャッチコピーが「『坊ちゃん』は漱石のアイドルだった!?」とかいう奴。

・・・何このガテン系スタジオライフみたいなのは!?

と、思ったのでアレよりはいい・・・のか???でも今回のもパッとみただけではあの『坊ちゃん』だってわかってもらえなさそうだ。

速報で出ていた「坊ちゃん」以外のキャストも発表になりました。
安中さんの「子規・山嵐」は意外という感じですね。
今までのズッグリとした佐藤さんと違って細くてデカイ山嵐になるんだなぁ。
鏡子さんと登世さんは別キャスト。
赤シャツは新木さんの方で観れたらみたいなぁと思います。
うらなり先生は誰がやるんだろ?安中さんがうらなりに来ると勝手に予想していたのでハズレてしまいました。

楽前に1回観に行く予定なので楽しみー♪

★Wキャストのスケジュールは不明です。

[坊っちゃん] 吉田朋弘
[夏目漱石] 松橋 登

[夏目鏡子] 井田安寿

[正岡子規・山嵐] 安中淳    [清] 大方斐紗子
[登世] 浜崎真美        [萩野夫人] 秋本みな子

[赤シャツ] 新木啓介/広田勇二
[野だいこ] 佐藤伸行
[マドンナ・雪江] 奥津菜々子/磯貝麗奈
[女中] 清田和美
[猫] 野田久美子

阿部佳美/荒川ゆかり/伊沢絵里子/今津朋子/宇杉英子/永登春香
大川麻里江/加藤早智/兼崎ひろみ/鬼頭真奈実/今野早香/新木りえ
冨永波奈/富永友紀/野口綾乃/原田智子/原 真礼/引野清香/堀川亜矢
間地まどか/松田千穂/村田麻衣/吉村悠里/渡邊りせ   

五十嵐 進/市川洋二郎/関川慶一/萩原弘雄/藤田将範/黛一亮/
山合大輔/横倉健太/渡辺修也
© QP-Days. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。